はじめてのサーフボード

これからサーフィンをはじめる時に楽しみになるのがサーフボード選びという人も多いと思いますが、はじめて使用するサーフボードは新品を購入することはありません。なぜならいろいろなサーフボードに乗って技術も伴ってくることになり、長い時間を掛けてようやく自分に最も適したサーフボードは見つかるもので、初心者には波に乗りやすく安定感がある長めのサーフボードがおすすめで、それをずっと使用する人は少ないからです。

はじめて使用するサーフボードは知り合いから譲ってもらったり、安い中古品を買うことがおすすめで、ある程度サーフィンが上手くなってきたらはじめて新品の自分が気に入ったサーフボードを選んで買うようにすればいいでしょう。

安定感のあるサーフボードを

サーフィンをはじめる際には必ずサーフボードが必要になりますが、最初のサーフボードはロングボード、もしくはフィンボードを選ぶことをおすすめします。

サーフボードにはその他にもショートボードという上級者向けの短めのボードがありますが、サーフボードは短くなればなるほど操作が困難になり、初心者にはなかなか簡単に扱うことができないので、最初は自分の身長よりも30センチ程度長いボードを目安に選ぶようにして、とにかくサーフボードの操作をマスターするようにしましょう。

サーフボードの操作がきちんとできるようになったら、今度は自分が好きな長さや厚みのものを選ぶようにして、サーフィンを思いっきり楽しむようにすることをおすすめします。

初心者には長めのサーフボードを


サーフィンは数あるスポーツの中でもかなり難しいと言われていて、体力がある人でないとなかなかできないスポーツだと言われています。サーフィンをする時に必ず必要になるサーフボードも年齢や体格や運動能力やサーフィンの技術レベルに合わせて選ばなくてはいけなくなっていて、最初から上級者向けのものを選んでもなかなか簡単にそれを操作できる人はいないと言われています。

サーフボードをはじめて選ぶ時にはなるべく長めのものを選択することがおすすめで、サーフボードは短いものよりも長い方が操作性に優れていて、小回りは効かなくなりますが、安定性は出ることになります。最初はとにかくボードの上に立つことをマスターするようにしましょう。